草刈は専門業者で作業不要に!【坪単価でどの位の費用?】

記事リスト

雑草対策の特徴

植物

好みによって選びましょう

自宅に庭があれば気軽に土いじりを楽しめますし、家の中から季節の花々を眺めて癒される事もできます。しかし一方で放っておくと生えてくる、厄介な雑草の処理をしなければならない煩わしさもあります。坪庭のような小規模な庭なら雑草が生えてくるたび抜いていくだけでいいですが、それなりの広さを持つ庭なら計画的な庭の雑草対策を事前に施しておきましょう。庭の雑草対策として有効な方法には、以下のようなものがあります。最も有効的な手段としては、コンクリートで舗装してしまう方法があります。施行は大掛かりな工事が必要ですが、耐久性に優れていますし掃除の手間なども大きく省けます。大掛かりな工事が必要ない庭の雑草対策としては、防草シートの活用があります。遮光性の高いシートで地面を覆う事により、雑草の発芽を防止する方法です。比較的低コストで施工でき、シート周りの花木への影響も全くありません。個人はもちろん造園業者もよく利用する方法で、庭の雑草対策の定番とも言えます。この防草シートの上に化粧砂利やウッドチップを敷けば、見た目も整ってワンランク上の庭になります。その他には固まる土の利用も、庭の雑草対策に効果があります。固まる土というのは地面に一定の厚さで敷き、水をかけるだけでコンクリートのように固くなる造園用の土です。土中の雑草の発芽を抑え、表面が硬化している事によって飛散してきた雑草の種が定着するのも防げます。またコンクリートと違って、必要無くなれば砕くだけでいいのも手を出しやすい特徴です。防草シートも固まる土も、コンクリートと比べると手軽ですが、耐久性は低くなります。これらの方法を用いる場合には日頃の手入れと、定期的なメンテナンスが欠かせません。しかしガーデニングや庭造りの選択肢は増えるので、好みによって使い分けるようにしましょう。